意味を込めて彫るもの

タトゥーとは、
一般的には、針や刃物などを使って、人の皮膚に傷をつけ、
その傷部分に墨汁や朱などのさまざまな色素を入れて肌を着色して、
さまざまな、文字や、絵をデザインし、肌に描く手法自体のこと。
もしくは、そのようにして描かれたものの総称をいいます。
タトゥーとは英語で「TATOO」、
日本でいうところの「刺青」や「入れ墨」と同じ意味のものです。
タトゥーとは太古の昔から、
普遍的に継承されてきた身体装飾技術といわれています。
元々の意味としては、
個体識別であったり、身分証明、所属している集団の印のような意味合いがあったようです。
日本では弥生時代に残されている文献の中に
人の顔や身体に文字を入れたという記録があり、
それが最古と言われているようです。
現代では主に、ファッションの一環として
タトゥーを腕や足、背中に施す若い男女が増えていますね。
タトゥーはデザイン性もかなり重要で、
彫師の方の腕にかかっています。
いろんな人のタトゥーの写真を集めた雑誌も販売されているくらいです。
入れるタトゥーの絵柄によって、
こめられる意味も全く変わります。
デザイン性も重要ですが、
その絵に含まれる意味もよく知っておかないと後で後悔することにもなりかねないので注意が必要です。
しかしタトゥーは1度入れると、なかなか消すのは大変ですよね。
なので最近では「へナタトゥー」という、
肌に傷は付けずに、着色料だけで絵柄を描くものも流行っているようです。