手術とタトゥー除去

近年はファッション的要素にまつわる好奇心から、タトゥーを身体に入れる方が増えています。
その感覚や行為そのものに関する是非はともかくとして(むろん賛否両論が存在します)、なんらかの事情により、
のちのち一度は入れたタトゥーを消したい、あるいは消さなければならないといった局面を迎えることも少なくありません。
さて、その際、一度入れたタトゥーは消えるのでしょうか?はたまた、それを除去する方法はあるのでしょうか?
結論から先に申し上げますと、基本的には消すことが出来ます。
しかし、タトゥーの状態によっては除去後、少しばかり見た目の違和感が残ることもあります。
たとえば、黒系統の色のみで彫られたタトゥーがありますよね。
こうしたタトゥーは、レーザーを用いた除去法によって比較的容易にそれを消してしまうことが可能です。
一方で、黄色や赤といったカラーは、レーザーによる効果が現れにくく、さらには広範囲に及ぶものもまたレーザーでは消しづらいと言われています。
それらレーザー治療による消去が困難なタトゥーを除去する場合は、タトゥーが彫られている箇所の皮膚を切除し、
他の箇所からの皮膚を移植する手術を施すことによって、それを消すといういわゆる外科手術による除去方法が選択されます。
皮膚を切除する手法の場合、その施術後、やや周囲の肌との違い(やけどの跡のような感じとよく言われます)は残りますが、
そもそもの対象であるタトゥーそのものはきちんと消すことが出来ますから安心してください。