レーザーで刺青を消すしくみ

刺青をレーザーで消す治療が一般的になっています。手術で切り取るのではなくて、レーザーをあてるだけで刺青が消せるということですが、それは一体どのようなしくみになっているのでしょうか?なぜ、レーザーで刺青が消えるのでしょうか?
美容外科など美容系のクリニックでは、シミやソバカスを消すためにレーザーがよく利用されます。そのしくみをざっくりと説明すれば、シミになったりソバカスができた皮膚組織をレーザー光線で焼いて、削り取ってしまうという治療法なのです。
刺青を消すために使われるレーザーも基本的には、それと同じしくみです。つまり、特殊なレーザー光をあてることによって肌の奥まで入った刺青の墨を焼いて砕き、肌の新陳代謝によって体外に押し流されやすくするのです。
焼くと言うと少し怖い感じがするかもしれませんが、皮膚を切り取る手術などに比べるとダメージは少ないと言えます。また、レーザー光は皮膚の奥深くまで入り込むため、肌の深いところにまで色素が入っているタトゥーにも効果があるのです。
ただし、レーザー治療の効果は刺青の色によって違ってきます。レーザー光はメラニン色素という黒系の色素からできているシミやそばかすにはかなり効果があります。同じように、刺青の場合も黒や青の墨で入れたものは効果が出やすくなります。
最近では、技術の進歩で赤や緑などの刺青もかなり取れるようになっていますが、黄色や白、肌色などの刺青は消しにくいとされており、切除法での除去しかできないこともあるようです。